注意すべきニゾラールクリームの副作用

水虫の脚

脂漏性皮膚炎などの症状に用いられているニゾラール。
いわゆる抗真菌薬で、肌に存在する真菌を殺菌する効果があります。
脂漏性皮膚炎の原因菌や足白癬にはニゾラールが有効なことから水虫の治療薬としても広く利用されています。
ニゾラールは塗り薬で、クリームタイプと液体タイプ、さらにスプレータイプのものも販売されています。
ですから皮膚炎の起きている部位に合わせて使い分けることも可能です。
ただしステロイド剤のような強い薬ではありませんので、完治させるまでには時間がかかります。
長期間にわたって根気よく薬を塗り続けていくことが必要です。

とはいえ水虫の治療に使う場合は一日一回、脂漏性皮膚炎の治療に使う場合でも一日二回塗るだけですので、それほど負担は大きくないでしょう。
真菌に対する殺菌作用が強いニゾラールですが、副作用がないわけではありません。
もちろん塗り薬ですので基本的には大きな副作用はありませんが、まれに肌荒れがひどくなる場合もありますので、敏感肌の人は特に注意したほうがいいでしょう。
肌荒れ以外の副作用としては、薬を塗った際にヒリヒリとした刺激を感じたり、皮膚のかゆみやかぶれといった症状が出ることもあります。
副作用による肌荒れ赤みやかゆみ、かぶれなどがひどい場合は、別の薬に変えたほうがいい可能性がありますので、早めに医師に相談するといいでしょう。
なお最近は医療機関にわざわざ行かなくても、インターネットから簡単にニゾラールを購入することができます。
薬の通販サイトや個人輸入代行サイトなどがインターネット上に多数存在しますので、それらを利用してもいいでしょう。
ただしなかには悪質な業者がいることも報告されていますので、信頼できる業者選びが重要になります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ